←トップ頁へ

和名 サルオガセ  
漢字表記 猿麻桛  
別名・異名 サガリゴケ/マツノコケ/キツネノモトユイ 
古名 サルヲガセ(佐流乎加世)  
語源 和名は、サガリオコケ(下緒苔)からの転訛と言われている。/属名はアラビア語のusnea(=苔)を語源としている。/種小名は「非常に長い」の意。
学名 Usnea longissima
英名 Beard lichen
仏名 Methuselah's barbe,
Usnée très longue
独名 Fichten mit Bartflechten
伊名 Macroliche epifiti
西名
葡名
漢名 長松蘿
植物分類 サルオガセ科サルオガセ属
園芸分類 地衣類
用途 薬用
原産地 世界各地  撮影地:長野県上高地にて
花言葉  
解説 サルオガセは、サルオガセ科の地衣類である。我が国では亜高山帯の針葉樹林に多く見られる。北海道では平地でも見られる。地衣体は長く伸びた糸状で径1~2㎜程度、長さは1m程度。表面の色は灰緑色。主軸に対して直角に1~2㎝の小枝を出す。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』 
季語  
備考