←トップ頁へ

和名 オオスギゴケ
漢字表記 大杉苔
別名・異名
古名
語源 和名は、形状がスギゴケに似て大型種であることから。/属名はギリシャ語のpoly(=多い)とtricos(=毛)の合成語で、葉が多いことから。/種小名は「美しい、華美な」の意。
学名 Polytrichum formosum
英名 polytrichum moss
仏名 Polytric élégant
独名 Schöne Widertonmoos
伊名 Muschio da spazzole
西名 Musgo
葡名 Musgo-acrocárpico
漢名 擬大金発藓
植物分類 スギゴケ科スギゴケ属
園芸分類 蘚類
用途 苔庭などのグランドカヴァー
原産地 北半球の温帯地域
花言葉 母性愛 岩手県平泉:中尊寺にて
解説 オオスギゴケは、スギゴケ科の蘚類である。比較的に酸性土壌を好む傾向にある。オオスギゴケは名前の通り大型で10㎝程度まで立ち上がることがある。葉は、雨の日等には外側に反り返っていることが多いが、乾燥すると茎について目立たなくなる。植物体は濃緑色で、線状披針形の葉を密生させ和名の通り杉の枝を連想させる姿を見せる。雌雄異株。本種は庭園の木の周囲等に植栽されていることが多い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考