←トップ頁へ

和名 ユウガギク
漢字表記 柚香菊
別名・異名
古名
語源 和名は、の香りがするの意とか。/属名は、ギリシャ語のkalos(=美しい)とmero(=部分)の合成語で、花弁が美しい事からと言う。/種小名は「羽状中裂の」の意。
学名 Kalimeris pinnatifida ↑ 栃木県都賀町・花之江の郷にて
英名
仏名
独名
伊名
西名 皇居・東御苑にて→
葡名
漢名 日本翆菊
植物分類 キク科 ヨメナ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用(若葉)/薬用(葉・根・果実)
原産地 日本・本州(近畿~東北)/朝鮮半島/中国
花言葉 天真爛漫
解説 ユウガギクは、キク科の多年草である。山野の路傍に自生が見られる野菊の一種である。草丈は30~150㎝程度。葉は互生し、広披針形、基部はくさび形。深く切れ込みが入る。葉は薄く多少ざらつく。質はうすい。8~10月頃に茎上部で分枝した枝先に淡紫色を帯びた白色の花を見せる。花径は2.5㎝程度。管状花は黄色。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考