←トップ頁へ

和名jp ユモトマムシグサ
撮影者:東京都 山口米子様 
漢字表記 湯元蝮草
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、発見地名(奥日光湯元)に因んでる。
属名は、ギリシャ語のArum(=植物名)の一種arisとhaima(=血)の合成語で、葉に見られる斑点に因んでいる。
種小名は「(栃木県)日光の)」の意。
学名sn Arisaema nikoense
英名en
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:奥日光湯の湖畔
西名es
葡名pt  
漢名ch
植物分類 サトイモ科テンナンショウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 下草/鉢植え
原産地
distribution
日本(東北地方南部~中部地方):固有種
花言葉
解説
description
ユモトマムシグサはサトイモ科の多年草である。草丈は50㎝程度となる。葉は1茎に2枚つけ、鳥足状で5~7小葉に分かれる。5~7月頃、葉の展開よりも早く花茎を出し、漏斗状に開いた仏焔苞をつける。仏炎苞は黄緑色で、口片部は狭く開出する。付属体は棍棒状である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『草木図説』
季語
備考