←トップ頁へ

検索名  ユーフォルビア・ツベルクラータ 
和名jp ミドリノブットウ
漢字表記 緑仏塔
別名・異名
other name
ユーフォルビア・ツベルクラータ
ユーフォルビア・チューベルキューレイター
キョウラクキリン(京楽麒麟)
アシュラ(阿修羅)
古名
old name
語源
etymology
和名は、柱状体の色と姿とからの命名と推測される。/属名は、ローマ時代のモーリタニアの医師Euphorbusの名に因んでいる。/種小名は「疣状突起のある、小さい瘤のある」の意。
学名sn Euphorbia tuberculata
英名en
仏名fr
独名 de  
伊名it 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
  
西名es
葡名pt
漢名ch 京楽麒麟
植物分類 トウダイグサ科トウダイグサ属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途use 鉢植え
原産地
distribution
南アフリカ
花言葉
解説
description
ミドリノブットウはトウダイグサ科の多肉植物(亜低木)である。地下に円筒状の塊茎を持ち、幹も殆ど地下にあり,地表には僅かしか顔を出さない。草丈は最大で75㎝程度。塊茎からは、幹を経てたくさんの柱状枝を直立させて、原産地では林立の様相を呈するという。柱状枝の上部には狭長楕円状の葉が、柱状体の周囲を取り囲むようにたさんつく。葉が落葉した跡は柱状体の表面は疣状突起となる。花は、硬い花柄の咲きにしっかりとした萼片の中に黄色い筒状の小花をつけるが、鑑賞に堪える程のことはない。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考