←トップ頁へ

和名 ヨザキスイレン
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 夜咲睡蓮
別名・異名 エジプトスイレン(埃及睡蓮)/ブア・サーイ(タイ語名)/アカバナスイレン(赤花睡蓮)
古名
語源 和名は、夜間に開花し、午前中の内にとじてしまうことから。/属名はギリシャ神話の水の女神Nymphaの名に因んでいる。/種小名は、ギリシャ神話に登場するLotos(実を食べると浮き世の憂さを忘れ、良い夢を見られるとされる想像上の植物)を語源としている。
学名 Nymphaea lotus タイ・スパン・ブリー:シワー・レイクにて
英名 Water lily,Egyptian water-lily,
Tiger Lotus
仏名 Lotier d'Egypte,Lotus tigre
独名 Roter Tigerlotus
伊名 Nymphaea lotus rossa
西名 Loto tigre,Nenúfar blanco egipcio
葡名 Nenúfar-branco,Lótus-branco,
Lotus-de-egito,Loto-sagrado-egito
漢名 歯葉睡蓮、青虎睡蓮
泰名 บัวสาย 
植物分類 スイレン科スイレン属
園芸分類 水生多年草    
用途 池栽培/水鉢栽培/食用(花茎・花)/薬用
原産地 東アフリカ~西アジア
花言葉 清純な心、清浄
解説 ヨザキスイレンは睡蓮科の水生多年草である。地下茎から葉と花を水面に浮かべる。葉は径30~40㎝程度の円形で、縁には鋸歯がある。原産地では周年開花するという。花は径20~25㎝程度で、本来的には白色である。(掲載した写真は食用に栽培されたもので花色は白色ではないが・・・。)タイでは、この花並びに花茎を野菜として食用にするという。
履歴  エジプトでは「ナイルの花嫁」と呼ばれて親しまれ、古来より神への儀式にも供えられたという。  
県花・国花 エジプト国花
古典1
古典2
季語 夏(スイレン)
備考