←トップ頁へ

和名jp ヨウシュイカリソウ
栃木市:花野江の郷にて
漢字表記 洋種碇草
別名・異名
other name
エピメディム・ピンナトゥム・コルキクム
古名
old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のepi(=上)とMedlia(=ギリシャの地名)の合成語から。
種小名は「羽状の」の意。
亜種名は、黒海地方の地名Colchisに由来している。
学名sn Epimedium pinnatum subsp. colchicum
英名en Colchian barrenwort
仏名fr Epimede 'colchicum'
独名de Kolchische Elfenblume
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 歯辨淫羊藿
植物分類 メギ科イカリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え/薬用
原産地
distribution
カフカス地方~イラン北部
花言葉 人生の出発・君を離さない
解説
description
エピメディム・ピンナトゥム・コルキクムは、メギ科の多年草である。我が国に見られるイカリソウの仲間ではあるが外来種である。草丈は30㎝前後程度。葉は心形であり、基部が深く切れ込んでいるが、遠目には切れ込みの間隔が狭いので卵形に見える。葉は、長い葉柄を持ち、茎に対生する。葉は全縁で、先端は尖る。若葉の内は、葉に茶褐色の模様が見られるが、成葉になるとやがて消えて緑色となる。4月頃、総状花序を出し、長い花柄の先に黄色い小花を多数下垂する。萼片は幅広く花弁の様に見える。花弁は筒状に細長い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考