←トップ頁へ

和名 ヨウラクラン
撮影者:千葉県 三浦久美子様
         
漢字表記 瓔珞蘭
別名・異名 モミジラン/ヒオオギラン
古名
語源 和名は、花序の垂れ下がる様子を仏像などに見られる瓔珞にみたてことから。/属名は、西洋の伝承上の妖精王オーベロン或いはオベロン(Oberon,Auberon)の名に因んでいる。オベロンは、背丈は小さいが英雄を助けたことで知られている。
学名 Oberonia japonica Makino
英名 撮影地:茂原市・本納蓮福寺
仏名
独名
伊名
西名 撮影地:成田山公園
葡名
漢名 台灣莪白蘭/日本莪白蘭
植物分類 ラン科ヨウラクラン属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/鉢植え
原産地 日本(宮城県の金華山から南の海岸よりに自生)
花言葉
解説 ヨウラクランはラン科の多年草である。多肉性の葉が2列に並び、先端から紅褐色の穂を垂らす。花穂の長さは7,8㎝程度。形状的にはツクシを逆さに垂れ下げたような姿を見せる着生ランである。花期は6月頃。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考
   撮影地:千葉市泉自然公園
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 225 「着生蘭」
6 22 「がたがた」
9 308 「柿」