←トップ頁へ

和名jp ヨゴレネコノメ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:裏高尾日影沢    
漢字表記 汚れ猫の目
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、葉の表面に灰白色の斑紋が出ることから。
属名は、ギリシャ語のchrysos(=金の)とspleen(=脾臓)の合成語で、花色と薬効からと言う。
種小名は「長い雄蘂の」の意。
品種名は「汚れた」の意。
学名sn Chrysosplenium macrostemon var. atrandrum
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科ネコノメソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え
原産地
distribution
日本(本州:関東以西~四国・九州) 
花言葉
解説
descripyion
ヨゴレネコノメはユキノシタ科の多年草である。本種は、イワボタンの変種として分類される。イワボタン同様に山地の谷間等の湿り気のある岩上等に自生が見られる。概して、本種は、イワボタンと混生する場合が多い。草丈は5~20㎝程度。茎は花後に長く横走し、先端に大型の葉をつける。茎は幾分多肉質で、色は赤褐色である。葉は卵形~広卵形で、茎に対生する。葉は緑紫色で、先端部の縁には鋸歯があり、先端部は鈍頭で、表面には幾分光沢がある。葉の上半部では葉脈を中心にして灰白色の小斑点が多数出来て一種の模様と化す。そのことが和名の由来となっている。3~4月頃、茎先端部に淡黄緑色の小花をつける。花には花弁は無く、萼片は4個、雄蘂は8個で、長く突き出る。  
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考