←トップ頁へ

和名jp ヤワタソウ
撮影:GKZ/日光植物園にて



撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

仙台市・野草園↑ 
漢字表記 八幡草・八咫草
別名・異名
other name
タキナショウマ(滝菜升麻)
タキオアオイ(滝葵)
オトメグサ(乙女草)
オトメソウ(少女草)
古名old name
語源
etymology
和名の語源については不詳。
属名は、ギリシャ語のpelto(=盾)とBoykinia(=アラシグサ属)の合成語から。
種小名は「テリマ属(ユキノシタ科)に似た」の意。
学名sn Peltoboykinia tellimoides Hara
英名en Peltoboykinia, Yawato-so
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 澗邊草
植物分類 ユキノシタ科ヤワタソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本・本州(中部~東北の深山)/中国
花言葉 想い
解説
decription
ヤワタソウはユキノシタ科の多年草である。深山の林下に自生が見られる。草丈は60㎝前後。葉は長い葉柄を持ったほぼ円形~卵円形。葉柄部には白色の細毛が密生する。葉の径は5~25㎝程度。掌状に浅く7~13裂する。5~6月頃に黄白色の筒状花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考