←トップ頁へ

和名jp ヤナギラン
カナダ・レイク・ルーズにて↑

長野県白馬村にて↑

↑撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:白馬五竜高山植物園↑
漢字表記 柳蘭
別名・異名
other name
カメリオン・アングスティフォリウム
エピロビウム・アングスティフォリウム
古名
old name
写真(上・中)撮影:GKZ
語源
etymology
和名は、葉がヤナギの葉のようであり、美しい花を見せることからランにたとえたもの。
属名はepi(=鞘)とion(=スミレ)にlobin(=上)の合成語で、スミレ色の花が上部に集まって咲くことから。
種小名は「細葉の」の意。
学名sn Chamerion angustifolium
(=Epilobium angustifolium)
英名en Fireweed
Great willowherb
Rosebay willowherb
仏名fr Épilobe en épi
独名de Schmalblättriges Weidenröschen
伊名it Camenèrio
Epilobio a foglie strette
Garofanino di montagne
西名es Epilobio
Adelfilla
葡名pt
漢名ch 柳蘭
植物分類 アカバナ科ヤナギラン属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州中部以北~北海道)~北半球温帯全般
花言葉 集中する・焦点
解説
description
ヤナギランはアカバナ科の多年草である。草丈は1~1.5m程度。比較的乾燥気味の草原や山地の樹木伐採跡地などに自生が見られる。概して群落を構成するのですぐ目に留まりやすい。7~8月頃に総状花序を出し、紅紫色の花を見せる。茎は直立するが分枝せず、花は上部にまとまって開花する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
 下図撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様 撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方