←トップ頁へ

和名 ヤマヤグルマギク
漢字表記 山矢車菊
別名・異名 ケンタウレア・モンタナ
古名
語源 和名は、山地性のヤグルマギクの意。因みに、原産地はヨーロッパ・アルプスやピレネー山脈等の標高500~2000m程度の草地や岩場ということになる。/属名のCentaureaはギリシャ神話に登場する半人半馬のケンタロウスに因んでいる。ケンタロウスがこの草で矢傷を治したという話に因んでいる。/種小名は「山地性の」の意。
学名 Centaurea montana
英名 Perenial cornflower,Mountain cornflower,Bachelor's button,Montane knapweed,Mountain blet
仏名 Centaurée des montagnes,Bleuet vivace,Bleuet des montagnes,Jacée des montagnes
独名 Berg-Frockenblume
伊名 Fiordaliso di montagna
西名 Centaurea de las montañas
葡名
漢名 山矢車菊
植物分類 キク科ヤグルマギク属
園芸分類 多年生草本 撮影者:東京都 中村利治様
用途 路地植え/鉢植え/切り花 撮影地:筑波実験植物園にて
原産地 ヨーロッパ(アルプス山脈・ピレネー山脈等)
花言葉 優雅・デリカシー
解説 ヤマヤグルマギクはキク科の多年草である。草丈は50㎝前後程度に。茎には翼があり、あまり分枝はしない。茎・葉には綿毛が密生する。葉は披針形で、茎に互生する。6~7月頃、茎頂に紫色で、径5㎝前後程度の頭花をつける。舌状花は、長さ3㎝程度で、先端は4,5裂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考