←トップ頁へ

和名 ヤマトウバナ 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
漢字表記 山塔花
別名・異名
古名
語源 和名は山地に生えるトウバナの意から。/属名はギリシャ語のcline(=斜)とpodion(=小アシ)の合成語から。/種小名は「繊細な」の意。
学名 Clinopodium multicaule
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 瘦風輪菜
植物分類 シソ科トウバナ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本(本州中部以西・四国・九州)/中国
花言葉
解説 ヤマトウバナははシソ科の多年草である。概して山地の林下に自生の見られる野草である。草丈は10~30㎝程度。葉は長さ1㎝程度の葉柄を持ち、卵形~長卵形で茎に対生する。葉の両面には粗毛が見られる。6~7月頃、茎上部に花穂をつけ、白色で、花冠の長さ8~9㎜程度の唇形花を付ける。萼にも粗毛が見られる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考