←トップ頁へ

和名jp ヤマルリソウ
撮影者:愛媛県 日原由紀子様  

撮影地:愛媛県久万高原ふるさと村
漢字表記 山瑠璃草
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は文字通り山地に生えていてルリ色の花をつける草の意。
属名はギリシャ語のomphalos(=臍)とoides(=~に似ている)の合成語からで、果実の分果の形状を示している。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Omphalodes japonica
英名en
仏名fr
独名de  
伊名it  
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ムラサキ科ルリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本:本州(福島県以西)・四国・九州
花言葉 私は考える、家族への思い
解説
description
ヤマルリソウはムラサキ科の多年草である。概して山地の斜面で幾分湿り気のある場所に自生の見られる野草である。草丈は10~20㎝程度に。全草に白色の開出毛が多く見られる。根出葉は長さ7~15㎝、幅3~5㎝程度の倒披針形で、基部は細まり葉柄状と化す。茎葉は根出葉よりも小形となり長さは1~6㎝程度となる。4~5月頃、茎頂に総状花序をつけ、径1~1.5㎝程度で青紫色の花をつける。開花後には、花は下垂し、萼片が生長して子房を覆う。分果は円形で中央部は凹む。縁には鈎状のトゲは無い。同属のルリソウの場合には分果の縁に鈎状トゲがある。
履歴  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考