←トップ頁へ

和名jp ヤマノイモ
撮影者:東京都 佐藤康子様↑
 栃木県渡良瀬遊水池↓
漢字表記 山の芋
別名・異名
other name
ジネンジョ(自然薯)
古名old name ヤマノイモ(山乃以毛・夜万乃伊毛)
   撮影地:東京都杉並区内→
雌花序→
語源
etymology
和名は、畑で栽培されるサトイモに対して、山に生えていることから。
別名のジネンジョとは「自然生(ジネンジョウ)からの転訛。
属名は古代ギリシャの自然科学者ディオコリデスに献じた名。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Dioscorea japonica Thunb.
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es  
葡名pt 零余子(ムカゴ)→
漢名 日本薯蕷 /野山薬
植物分類 ヤマノイモ科ヤマノイモ属
園芸分類 蔓性多年生草本
用途use 食用/薬用
原産地
distribution
日本(本州以南)(日本特産種)
花言葉 治療、芯の強さ、恋のため息、悲しい思い出
解説
description
ヤマノイモは、ヤマノイモ科の蔓性多年草である。茎は地表を伸びて他物に絡みつく。地下に塊根を持つ。塊根の長さは1~2mにも及ぶ。ほぼ円柱形。塊根の中は白色で、軟らかい。葉は対生して、先端は尖った長卵形。8~9月頃に白色の穂状花序を見せる。
履歴
県花・国花
古典1 『出雲風土記』、『今昔物語』、『近松浄瑠璃集』 
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
6 48 「山の芋」
7 179 「枯れ草」
10 164 「蔓菜」
12 162 「冬蟲夏草」
14 284 「蔓もの」