←トップ頁へ

検索名  ヤマニンジン(山人参)   
和名jp クソニンジン
撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:東京都薬用植物園
漢字表記 糞人参
別名・異名
other name
ヤマニンジン(山人参)※備考欄参照
古名old name
語源
etymology
和名は、葉姿がニンジンに似ており、全草に悪臭を持つことから。
属名は、ヨモギのギリシャ古名であり、ギリシャ神話に登場する月の女神アルテミスに因んでいる。ヨモギが婦人病に効果があることから。
種小名は「一年生の」の意。
学名sn Artemisia annua
英名en
Sweet wormwood
Sweet Annie
Sweet sagewort
Annual wormwood
仏名fr armoise annuelle
独名de Einjährigen beifuß
伊名it artemisia annuale
西名es artemísia anual
葡名pt artemísia
漢名ch 黄花蒿※備考欄参照
植物分類 キク科ヨモギ属
園芸分類 1年生草本
用途use 薬用
原産地
distribution
東アジア~ヨーロッパ
花言葉
解説
description
クソニンジンはキク科の1年草である。茎は直立し、よく分枝をし、草丈は1.5m程度に。葉は濃緑色の3回羽状で細裂し、列片の幅は細い。8~10月頃、茎頂に円錐花序を出し、たくさんの黄色い小花をつける。花は1~2㎜程度の球状である。
履歴 本種は、古い時代に、薬草として中国から渡来しているが、今ではすっかり帰化状態にあり、我が国各地の路傍や荒れ地、或いは河原等に見ることができる。我が国ばかりで、世界的に広まりを見ている。
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 植物学的な中国名は「黄花蒿」であるが、今日、薬用植物名としては「青蒿」の名で流通している。「青蒿」とは本来セイヨウカワラニンジンを意味する漢名である。両者は良く似ているので紛らわしいこととなる。/我が国でも、たくさんの異名を持ち、「河原蓬(カワラヨモギ)」、「河原薺蒿(カワラオハギ)」、「唐艾(カラヨモギ)」、「五行(ゴギョウ)」、「御行(ゴギョウ」等々がある。因みに、「春の七草」に登場する「御形」とは関係が無い。とにかく、名前の上で、何かと混乱を招きやすい植物である。