←トップ頁へ

和名jp ヤマクボスゲ
漢字表記 山窪菅
別名・異名
other name
ヒメミクリスゲ(姫実栗菅)
古名old name    
語源
etymology
和名は、発見地(日光市山窪)に因んでいる。
属名は、ギリシャ語の「切る」が語源という。葉の縁についた鋸歯で皮膚が切れることから。
学名sn Carex hymenodon
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
葡名pt
漢名ch
植物分類 カヤツリグサ科スゲ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本(栃木県・宮城県)
花言葉
解説
description
ヤマクボスゲはカヤツリグサ科の多年草である。概して低地丘陵帯~山地の泥湿地に希に見られる野草である。茎は直立し叢生する。茎は3稜をもつ。葉は著しく幅が広く2㎝内外となる。5~6月頃茎上部に3~4個の小穂をつける。果胞は広卵形。
履歴 環境省準絶滅危惧種(NT)指定植物/栃木県絶滅危惧種指定/宮城県絶滅危惧指定植物
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考