←トップ頁へ

和名jp ヤマホトトギス
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:国立科学館付属自然教育園
漢字表記 山杜鵑
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、山に自生するホトトギスの意。
属名は、ギリシャ語のtreis(=三)とcyrtos(=曲がる)の合成語で、三枚の外花被の基部が袋状に曲がっていることから。
種小名は「長い柄のor太軸の」の意。
学名sn Tricyrtis macropoda
英名en Toad lily
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 油点草
植物分類 ユリ科ホトトギス属
園芸分類 多年生植物
用途use 鉢植え/下草
原産地
distribution
日本(本州:関東以西の太平洋岸~九州)/朝鮮半島/中国
花言葉
解説
description
ヤマホトトギスはユリ科の多年草である。草丈は20~50㎝程度。葉は長さ10~15㎝程度の長楕円状で、全縁、鋭頭、基部は茎を抱き互生する。茎基部の葉には油点が見られる。8~9月頃、茎長或いは茎上部の葉腋に径2㎝程度の花を散房花序につける。花は白地に紅紫色の斑点模様が入る。等しくホトトギス属の中に、名前も花姿も良く似ているヤマジノホトトギスがあるが、本種との相違点として、ヤマジノホトギスの花被片はほぼ水平に開くが、本種の場合には、花被片が水平よりも下に反る形となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考