←トップ頁へ

和名 ヤマブキショウマ
撮影者:長野県 松永ひろし様

撮影地:長野県志賀高原↑

撮影地:長野県奥裾花渓谷↑

撮影地:長野県東御市池ノ平↑
撮影:GKZ/長野県小谷村↓

撮影地:富山県黒部平↓
漢字表記 山吹升麻
別名・異名
古名 撮影地:長野県車山高原→
語源 和名は、葉の様子がヤマブキ似ていて、全体的な草姿がショウマに似ていることから。
属名はラテン古語で「ヤギの髭」の意。
種小名は繊細な花の」の意。
変種名は「薄い葉の」の意。
学名 Aruncus dioicus var. tenuifolius
英名 Goatsbeard
仏名 berbe de chèvre
独名 Aruncus dioicus var. tenuifolius
伊名
西名
葡名
漢名 深裂仮升麻
植物分類 バラ科ヤマブキショウマ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/食用(若芽)
原産地 日本/北半球の温帯・亜寒帯
花言葉 さわやか
解説 ヤマブキショウマは、バラ科の多年草である。陽当たりの良い山野に自生が見られる。葉は2回3出複葉で9個の小葉で構成され,枝に互生する。葉形は、名前の通りヤマブキに似ている。6~8月頃に総状花序を出し、5弁の黄緑色を帯びた白色の小花を密集させて開花する。雌雄異株。草丈は30~100㎝程度。
履歴
県花・国花 結実の様子→
古典1
古典2
季語
備考