←トップ頁へ

和名 ヤクシマトウバナ
漢字表記 屋久島塔花
別名・異名 コケトウバナ(苔塔花)
古名
語源 和名は屋久島で発見されたトウバナであることから。/属名はギリシャ語のcline(=斜)とpodion(=小アシ)の合成語から。/種小名は「繊細な」の意。
学名 Clinopodium multicaule var. minimum
英名
仏名
独名
伊名 筑波実験植物園にて
西名
葡名
漢名
植物分類 シソ科トウバナ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本・屋久島:固有種
花言葉
解説 ヤクシマトウバナはシソ科の多年草である。ヤマトウバナからの変種として分類されている。ヤクシマの標高600~1700m程度の山中の木陰に自生の見られる野草である。草丈は5㎝程度。葉は長さ5~7㎜の卵形で、縁には粗い鋸歯状の切れ込みが入り、先端はほぼ鈍頭で、茎に対生する。6~7月頃、茎頂に穂状花序を出し、径1㎝にも満たないような白色の小花を輪生状に多数つける。花は唇形花で、花冠は大きく4裂し、下唇は、他より大きく、更に2裂する。  撮影者:東京都 中村利治様
履歴 環境省RDB:準絶滅危惧種(NT)登録種
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考