←トップ頁へ

和名 ヤクシマゴカヨウオウレン 撮影者:東京都 山口米子様
漢字表記 屋久島五加葉黄蓮
別名・異名
古名
語源 和名は、屋久島産のゴカヨウオウレンの意から。ゴカヨウオウレンとは、葉姿がウコギ(五加)に似ていることから。/属名は、coptein(=切る)から転じた語で、分裂した葉を表したものとか。/種小名は「分枝した、枝別れした」の意。
学名 Coptis ramosa
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キンポウゲ科オウレン属
園芸分類 多年生草本
用途  路地植え/薬用  撮影地:第90回国風盆栽展会場 
原産地 日本:屋久島固有種  
花言葉 変身
解説
履歴 ヤクシマゴカヨウオウレンはキンポウゲ科の多年草である。本種は、屋久島固有種で、同島の標高400~1000m程度の岩上や倒木の上などに自生する野草である。葉は掌状で、5個の小葉からなり、常緑である。葉の縁部は、鋸歯状の切れ込みがある。2~3月頃、3~4㎝程度の花茎を立ち上げ、その茎頂に8~10㎜程度で白色の5弁花を数個つける。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考