←トップ頁へ

和名 ヤハズソウ
漢字表記 矢筈草
別名・異名 ヤハズハギ(矢筈萩)
古名
語源 和名は、小葉の先端を指で引っ張ると斜めの平行脈があるためにV字形に切れて、矢筈形をみせることから。/属名は採集家Kumerowの名に因んでいる。/種小名は「線条のある、or縞のある」の意。
学名 Kummerowia striata
英名 Japanese clover/hoop-coop plant/Common lespedeza
仏名  
独名
伊名 群馬県館林市:
西名 城沼自然探勝路にて
葡名
漢名 鷄眼草
植物分類 マメ科ヤハズソウ属
園芸分類 一年生草本
用途 北米では帰化して牧草として利用されている。
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 ヤハズソウは、マメ科の一年草である。我が国各地の原野或いは路傍等に普通に見られる野草である。草丈は10~30㎝程度。葉は3出複葉で、小葉の長さは1~1.5㎝程度の長楕円形。8~9月頃、葉腋に紅紫色で、マメ科特有の蝶型の小花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『和漢三歳図絵』、『物品識名』
季語
備考