←トップ頁へ

和名 ヤエドクダミ
漢字表記 八重蕺草
別名・異名
古名
語源 和名は、文字通り八重咲きのドクダミの意。/属名は、18世紀オランダの医師M・ホウィットインの名に因んでいる。/種小名は「心臓形の葉の」の意。/変種名は「八重咲きの」の意。
学名 Houttuynia cordata var. plenus
英名
仏名
独名 撮影者:栃木県 柴田公子様→
伊名 撮影地:栃木県宇都宮市
西名
葡名
漢名
植物分類 ドクダミ科ドクダミ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本/中国
花言葉 白い追憶
解説 ヤエドクダミは、ドクダミ科の多年草である。学名から理解できるように、ドクダミの八重咲き品種と言うことになる。草丈は15~50㎝程度。茎や葉は暗紫褐色を帯びている。草全体に独特の臭気を持つ。地下に白くて細い根茎を有し、よく繁殖する。一見白い花びらと見えるのは、実は総苞である。本来の花は、小型で、花弁もなく、萼もなく、多数集まって淡黄色の花穂となる。開花期は6~7月頃。
履歴
県花・国花
古典1 撮影:GKZ→
古典2 撮影地:群馬県館林市
季語
備考