←トップ頁へ

和名jp ヤブツルアズキ
群馬県館林市:城沼自然探勝路にて


漢字表記 藪蔓小豆
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、野生で蔓性のアズキの意。
属名は17世紀イタリアの自然科学者Dominico Vignaへの献名。
種小名は「角張った」の意。
変種名は「日本産の」の意。
学名sn Vigna angularis var. nipponensis(=Azukia angularis var. nipponensis)
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名 日本赤豆
植物分類 マメ科ササゲ属
園芸分類 一年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州)
花言葉 へそ曲がり
解説
description
ヤブツルアズキは、マメ科の一年草である。蔓性の野草で、茎長は3m以上に達する。茎には黄褐色の毛が見られる。葉は互生し、3出複葉となり、小葉は卵形で、長さは3~10㎝程度となる。8~10月頃は腋から花序を出し、黄色い花を見せる。花は径1.5㎝程度。花後に4~9㎜程度の豆果をつける。豆果は線形で毛は見られない。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考