←トップ頁へ

和名 ワタスゲ
漢字表記 綿菅
別名・異名 スズメノケヤリ/マユハケグサ
古名
語源 和名は、果穂の白い綿毛に基づいた命名とか。/属名は、eriphorumは、ギリシャ語で、「綿毛がある」の意。/種小名は、「鞘になった」の意。
学名 Eriophorum vaginatum
英名 Cotton-grass
仏名 linaigrette
独名 栃木県奥日光:戦場ヶ原にて
伊名
西名
葡名
漢名 白毛羊胡子草
植物分類 カヤツリグサ科ワタスゲ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(湿地)/鉢植え
原産地 日本(本州中部以北・北海道)/サハリン/カムチャッカ/シベリア
花言葉 努力する、揺らぐ想い
解説 ワタスゲは、カヤツリグサ科の多年草である。我が国では本州中部以北の湿地帯に自生が見られる。草丈は20~50㎝程度。葉は根生し、針金状。7月頃茎頂に花穂をつける。花はあまり目立たないが、花後に果実の下にある白毛が長く伸びる。
履歴 八幡平・大沼にて
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考