←トップ頁へ

和名 ワタナベソウ
漢字表記 渡辺草
別名・異名
古名
語源 和名・並びに種小名は発見者である高知県の教員・植物採集家であった渡辺協氏の名に因んでいる。/属名は、ギリシャ語のpelto(=盾)とBoykinia(=アラシグサ属)の合成語から。
学名 Peltoboykinia watanabei
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名 撮影者:奈良県 中野様
撮影地:天理市にて
漢名
植物分類 ユキノシタ科ヤワタソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本:本州(近畿以北)・四国・九州;日本固有種
花言葉 想い
解説 ワタナベソウはユキノシタ科の多年草である。深山の林下に自生が見られる野草である。草丈は60㎝前後。葉は長い葉柄(30㎝程度)を持ったほぼ円形~卵円形。葉柄部には白色の細毛が密生する。葉の径は15~30㎝程度。掌状に浅く7~9裂する。7月頃30~60㎝程度の花茎を立ち上げ、円錐花序に淡黄色の筒状花を見せる。本種は、同属のヤワタソウによく似ているが、概して本種の場合、葉や花弁の入れ込みが深くなる。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考