←トップ頁へ

和名 ワサビダイコン  
撮影者:東京都 山口米子様
撮影地:星薬科大学薬用植物園
漢字表記 山葵大根
別名・異名 ホース・ラディッシュ/セイヨウワサビ(西洋山葵)
古名
語源 和名は、根にワサビの香りと辛味を有することから。/属名は、ローマ時代の博物学者プリニウスが彼の著書『博物誌』の中で、本種をArmoraciaと記したことからと言う。/種小名は「野に生えた、素朴な」の意。         
学名 Armoracia rusticana
英名 horse radish
仏名 Raifort sauvage
独名 Meerrettich
伊名 Rafano,Barbaforte,cren
西名 Rabano rusticano,Rabano picante,Raiz picante
葡名 Raiz-forte
漢名 辣根
植物分類 アブラナ科セイヨウワサビ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用(香辛料)※魚料理に用いる。ローストビーフの付け合わせには欠かせない存在。
原産地 フィンランド
花言葉
解説 ワサビダイコンは、アブラナ科の多年草である。全草無毛で、直根は多少分岐する。根出葉は長楕円形で、長い葉柄があり、葉身の表面は縮緬状の皺になる。4~5月頃45~90㎝の花茎を伸ばし、総状花序に白色の十字形の花をつけるが、種子は完熟しない場合が多い。
履歴 わが国へは、明治の初めにアメリカから渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
20 18 「温野菜」