←トップ頁へ

和名jp ツワブキ
 撮影:GKZ(上3図)/拙庭にて↑
静岡県・初島にて↓

八丈島にて↓

撮影者(下3図):千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:皇居東御苑↑

↑撮影地:筑波実験植物園↓
漢字表記 石蕗
別名・異名
another name
イソブキ(礒蕗)
ツヤブキ(艶蕗)
ヤマブキ(山蕗)
タクゴ(稾吾)
古名old name ヤマフブキ(也末布々岐・夜末不不木)
語源
etymology
和名は、艶(ツヤ)のあるフキの意から。
属名は、farius(=列)とfugus(=駆除)を語源としたフキタンポポの古名に由来している。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Farfugium japonicum L.
英名en leopard plant
green leopard plant
ligularia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 稾吾
植物分類 キク科ツワブキ属
園芸分類 多年生草本
用途use 庭植え/ロックガーデン/鉢植え/食用
原産地  日本 
花言葉 愛よよみがえれ・謙遜・先を見通す能力
解説
description
ツワブキはキク科の多年草である。草丈は30〜80p程度まで。葉はフキに似るが厚葉で照り葉である。10〜12月頃、花径5p前後の黄色い頭花を見せる。我が国の暖地性海岸地帯に自生する。民間薬としても、食用(キャラブキ等)としても利用される。観賞用としては、主に常緑の葉姿が好まれるが、花の少ない晩秋から初冬にかけて黄色い花も愛でられる。
履歴
県花・国花 静岡県:東伊豆町
古典1 『出雲風土記』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』 
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
7 17 「蕁麻疹」
13 104 「露草」
18 119 「馴化園」
23 33 「千珠・萬珠」