←トップ頁へ

検索名 ツルオドリコソウ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影者:千葉県三浦久美子様↓

撮影地:新宿御苑↑
撮影地:筑波実験植物園↓
   
和名jp キバナオドリコソウ
漢字表記 黄花踊子草
別名・異名
other name
ツルオドリコソウ
ラミウム・ガレオブドロン
ラミアストラム
古名
old name
撮影地:筑波実験植物園→
語源
etymology
和名は、名前の通りであり、黄色い花を見せてオドリコソウに似ていることから。
属名は、ギリシャ語のlamos(=喉)に由来し、花筒が長いことから。
種小名は「イタチのような匂いの」の意。
学名sn Lamium galeobdolon
(=Lamiastrum galeobdolon
=Gleabdron argentatum)
英名en Yellow archangel
仏名fr Ortie jaune
独名de Gewöhnliche Goldnessel
伊名it Ortica mora
西名es Ortiga muerta amarilla
Arcángel amarillo
Planta de artilleía
Planta de alumino
葡名pt Lamium galeobdolon
漢名ch 黄色天使
植物分類 シソ科オドリコソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え(グランドカヴァー)/鉢植え(ハンギングポット)
原産地
distribution
地中海沿岸地方
花言葉 陽気な娘・快活
解説
descrription
キバナオドリコソウは、シソ科の常緑多年草である。草丈は30㎝程度に。茎は4稜を持つ。根際からランナーを出して横に広がりながら繁殖を繰り返す。したがって、園芸界ではグランドカヴァーとして用いることが多い。葉は長楕円形~心形で茎に対生する。葉の先端は鋭頭で縁には粗い鋸歯がある。4~6月頃、花茎を直立し、葉腋から鮮黄色の花を開く。対生する葉柄毎に花をつけるので、遠目には穂状花序のようも見える。花弁には白毛が見られる。
履歴 わが国への渡来時期不詳。
本来的には園芸植物として渡来したが、今日我が国では、逸出して野生化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考