←トップ頁へ

和名jp ツルニガクサ
漢字表記 蔓苦草
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名の語源不詳。(蔓性植物でも無く、葉や茎に苦みもない。ただし、根茎は長く地下を這う。)
属名はギリシャ語で、ディオコリデスによってこの属につけられた名前teucrionを語源としている。
種小名は「少し粘りけのある」の意。
変種名は、オランダの分類学者で我が国の植物を研究したF.A.W.ミケルの何因んで居る。
学名sn Teucrium viscidum var. miquelianum
 撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:国立科学博物館付属自然教育園
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 シソ科ニガクサ属
園芸分類 多年生草本
用途use
原産地
distribution
日本/朝鮮半島
花言葉
解説
description
ツルニガクサはシソ科の多年草である。概して山地の水気の多い場所に自生する野草である。ツルニガクサという名前を持つが、地下にランナーを持つが、地上部は蔓性植物で葉内。加えて葉や茎も特に苦いと言うことは無い。本種の草丈は30~40㎝程度。茎葉4稜を持ち、細毛が散生する。葉は長さ5~10㎝程度の卵状長楕円形~広披針形で、縁部には粗鋸歯を持ち、先端部は尖り、茎に対生する。葉質は薄く、葉脈部は凹みを見せる。7~9月頃、茎頂並びに茎上部の葉腋に2~8㎝程度の総状花序を出し、小形の唇形花を多数つける。花冠は淡紅色で、下唇は長く前に出る。本種の萼には細かい腺毛が密生する点でニガクサ等と区別される。  
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考