←トップ頁へ

和名jp ツルネコノメソウ
日光市:田母沢御用邸記念公園にて



漢字表記 蔓猫目草
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、匍匐枝を伸ばして繁殖するネコノメソウの意。
属名は、ギリシャ語のchrysos(=金の)とspleen(=脾臓)の合成語で、花色と薬効からと言う。
種小名は「匍匐枝を有する」の意。
学名sn Chrysosplenium flageliferum
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科ネコノメソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州:近畿地方以北~四国)
花言葉 気移り、誠実、謙虚
解説description ツルネコノメソウはユキノシタ科の多年草である。我が国各地の山地の沢沿いの岩上等に自生の見られる野草である。草丈は5~15㎝程度。茎は多肉質で黄色みを帯びている。茎葉は長い葉柄を持った団扇状で先端部は3~5浅裂し、茎に互生する。4~5月頃、茎頂に径5㎜程度で、黄色~黄緑色の花をつける。花のように見えるのは実際には苞であり、花弁は持たない。苞葉平開する。花後に、急速に匍匐枝を出し、その先端部から根を下ろし、そこから新苗をつくる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考