←トップ頁へ
和名jp ツルナシレンリソウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:富山中央植物園
漢字表記 蔓無連理草
別名・異名
another name
古名
old name
語源
etymology
和名は、巻きひげを持たず。茎が直立することから。
属名は、ギリシャ語のlathylos(=豆、或いは豆をつける植物)を語源としている。
種小名は「春咲きの」の意。
学名sn Lathyrus vernus
英名en Spring vetching
Spring pea
Spring vetch
仏名 fr Gesse de printemps
独名de Frühkings-Platterbse
伊名it Cicerchia primaticcia
西名es Orobo vernal
葡名pt Lathyrus vernus
漢名ch 春豌豆
春山黧豆
植物分類 マメ科レンリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え・鉢植え
原産
distribution
ヨーロッパ~シベリア地方
花言葉
解説
description
ツルナシレンリソウはマメ科の多年草である。茎は直立し、草丈は20~40sn知恵弛度となる。茎は翼を持たず、殆ど無毛である。葉身は2~4対の小葉からなり、小葉は卵形で、縁部は全縁、先端部は鋭頭、基部では茎に葉軸に対生する。原産地では、5ぁら6月頃に開花し、葉腋から1~12㎝程度の花柄を伸ばし、径1.3~2㎝程度で赤色の兆形花をつける。花後には長さ5㎝程度の莢果をつけ、褐色に熟す。果実の中には8~14個の種子が内包される。この種子は有毒である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語  
備考 有毒植物