←トップ頁へ

和名jp ツルボ
栃木県佐野市にて
漢字表記 蔓穂
別名・異名
other name
サンダイガサ(参内傘)
スルボ
古名
old name
語源
etymology
和名ツルボについては、不詳。
別名のサンダイガサについては、花序の形が公家が参内する際に用いた長柄傘を折りたたんだ形状に似ていることから。
属名は、ギリシャの植物名から。
種小名は「ツルボ属のような」の意。
学名sn Scilla scilloides Druce
英名en Chinese Scilla
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 綿棗児
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ツルボ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/食用(根)
原産地
distribution
日本を含む東アジア
花言葉 寂しさ、悲しみ
解説
description
ツルボは、我が国の土手や平地の原野、時として芝生の中などに自生の見られるキジカクシ科(←ユリ科)の球根植物である。葉の長さは10~20㎝程度。8~9月頃に30㎝前後の花茎が出て、総状花序を見せる。淡紫紅色の小さ6弁花を下から上へと咲き上げて行く。花穂の長さは5㎝前後。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『物類呼称』
季語
備考