←トップ頁へ

和名 ツリフネソウ
漢字表記 釣船草
別名・異名
古名
語源 和名は、花の姿が、帆掛け船をつり下げたかのようにも見えることから。/属名は、ギリシャ語のim(=不)とpatiens(=忍耐)の合成語からで「忍耐しない」の意。熟した果実にふれるとはじけて種子が飛び散ることから。/種小名は「採集家テックストロの」の意。
学名 Impatiens textori 栃木県日光市:戦場ヶ原にて
英名 Touch-me-not
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 野鳳仙花
植物分類 ツリフネソウ科ツリフネソウ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え/茶花
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉 私に触れないで下さい  
解説 ツリフネソウは、我が国の山地の水辺や湿気の多い地に自生の見られる一年草である。草丈は30~60㎝程度。茎は多汁質で紅紫色を帯びる。7~9月に紅紫色の花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考