←トップ頁へ

和名jp ツクシタチドコロ 撮影者:千葉県 三浦久美子様 
漢字表記 筑紫立野老
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、九州筑紫地方産のタチドコロの意から。
属名は古代ギリシャの自然科学者ディオコリデスへの献名。
種小名はギリシャの医師Aesculapiusへの献名。
学名sn Dioscorea asclepiadea
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ヤマノイモ科ヤマノイモ属
園芸分類 多年生草本
用途use
原産地
distribution
九州
花言葉
解説
description
ツクシタチドコロはヤマノイモ科の多年草である。茎は円柱形で上部が蔓状に立ち、草丈は1m程度に。全草無毛。葉は、3角状の広披針形で、基部の両側は耳形となる。葉には4~9㎝程度の長い葉柄があり、葉の長さは15㎝程度、幅7㎝程度で、縁が波形となる。4~5月頃、黄緑色で、径3㎜度の花をつける。雌雄異株。
履歴 環境省レッドリスト:絶滅危惧ⅠA類(CR)登録種
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考