←トップ頁へ

和名 ツクシアブラガヤ 撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 筑紫油茅
別名・異名
古名
語源 和名は、九州産のアブラガヤの意から。/属名は、ホタルイ属の植物のラテン古名から。/種小名は、19世紀北京でオーストリア・ハンガリー大使だったEdler von Rosthornへの献名。/変種名は「九州の」の意。
学名 Scirpus rosthornii var. kiushuensis
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 カヤツリグサ科アブラガヤ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本(九州)
花言葉
解説 ツクシアブラガヤはイネ科の多年草である。九州南部の内陸部に自生する野草である。大アブラガヤに似ているがそれよりも小形となる。母種は中国及びヒマラヤ地方に自生するという。茎上部の鞘は淡緑色で花序の枝と小枝は上半はざらつく。小穂は1.5㎜程度2~5個ずつ集まって球状となる。
履歴  環境省絶滅危惧ⅠA類(CR)  撮影地:筑波実験植物園 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考