和名jp ツキヌキハコベ
漢字表記 貫穿繁縷
別名・異名
other name
クレイトニア・ペルフォリアータ
パースレイン・ウインター
古名old name
語源
etymology
和名は、花序の様子からの命名と推測される。
属名は、18世紀アメリカ人植物学者でヴァージニアの植物標本を蒐集したことで知られるJohn Claytonへの献名。
種小名
「貫生葉の、貫穿葉の」の意。
学名sn Claytonia perfoliata(Montia perfoliata)
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:富山中央植物園 
英名en Spring beauty
Miner's lettuce
India lettuce
Winter purslane
仏名fr Claytonia perfoliée
Claytone de Cuba
Pourpier d'hiver
独名de Gewöhnliche tellerkraut
Kuba-Spinat
Winterportulak
Postelein
Winterpostelein
伊名it Lattuga dei minatori
西名es Verdolaga de Cuba
lechuga del minero
Invierno verdolaga
Lechuga de india
葡名pt Beldroega-de-inverno
漢名ch 鉱工生菜
植物分類 スベリヒユ科クレイトニア属
園芸分類 1年生草本
用途use 食用(葉)/鉢植え
原産地
distribution
アラスカ南部~カナダ~アメリカ~熱帯アメリカ
花言葉
解説
description
ツキヌキハコベはスベリヒユ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した広い分布範囲で、概して山岳地帯~沿海地の湿り気の多い日陰地帯に自生の見られる幾分多肉質な野草(食用として栽培もされる。)である。草丈は10~35㎝程度となる。葉は径5㎝程度の円形で1個のみつく。3~7月頃、掲載した写真に見られるように葉の中央部上に総状花序を出し、白色の小花を数個着ける。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考