←トップ頁へ

和名 ツボサンゴ・キャラメル
漢字表記 壺珊瑚・キャラメル
別名・異名 ヒューケラ・キャラメル/コーラルベル/コーラルフラワー
古名
語源 和名は、花形並びに花色から。/属名はドイツの医学教授J.H.ホイヒェルの名に因んでいるという。/品種名は「キャラメル色の」の意。
学名 Heuchera 'Caramel'
英名 Coral bells
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 筑波実験植物園にて
西名
葡名
漢名
植物分類 ユキノシタ科ツボサンゴ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/ロックガーデン
原産地 園芸作出品種
花言葉 きらめき、恋心
解説 ツボサンゴ・キャラメルはユキノシタ科の多年草である。茎・花柄・萼等には白色の軟細毛が密生する。草丈は40㎝前後程度。葉は掌状で縁は浅く6裂し、緩やかに波を打つ。本種は、花も楽しめるが、どちらかと言えば、花壇等で、葉色に変化を持たせる事を目的として栽培されることが多い。葉色は、季節に応じて変化する。春にはオレンジ色であるが、やがて夏場には黄色味が出てきて、秋~冬にかけては褐色の変化を見せる。5~6月頃に、30㎝前後程度の花茎の先に壺形の小花をたくさん見せる。花色は、白色~淡桃色へと変化する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考