←トップ頁へ

和名 ツバメオモト
漢字表記 燕万年青
別名・異名 トウチソウ/ササニンドウ
古名
語源 和名は、一説には、草姿がオモト(万年青)に似ていて、果実の黒藍色がツバメを思わせることからとも。別には、ツバメの飛来する頃に開花するからとも。/属名は、かつてのニューヨーク州知事D.W.Clintonの名に因んでいる。/種小名は「ロシア・ウダ川の」の意。
学名 Clintonia udensis
英名 ↑撮影地:新潟県・七つ小屋山↓
仏名
独名
伊名 撮影者(全3葉):新潟県 塩野計司 様→
西名
葡名
漢名 七筋菇
植物分類 ユリ科ツバメオモト属
園芸分類 多年生草本
用途 食用(若芽)/薬用/ロックガーデン
原産地 日本(奈良県以北)/朝鮮半島/中国/サハリン/東シベリア
花言葉 和解・一致
解説 ツバメオモトはユリ科の多年草である。概して亜高山帯の針葉樹下に自生の見られる野草である。草丈は20~50㎝程度。根生葉は2~5枚程度で、傾状は倒卵状長楕円形で、長さは15~30㎝程度。葉は見た目には厚味があるが、意外と柔らかい。5~7月頃に30㎝前後の花茎の頂に白色の小花を総状花序に見せる。花後には花茎は50㎝前後まで伸びる。花後には濃い藍色で径1㎝程度の液果をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考