←トップ頁へ

和名jp トウゴクサバノオ
漢字表記 東国鯖尾
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、花後に出来る果実がTの字状になることから、魚の「鯖(サバ)の尾」にたとえたものと言う。/属名のはギリシャ語のdicho(=対になった)とcarp(=果実)の合成語から。/種小名は「表面がざらざらした果実のある」の意。
学名sn Dichocarpum trachyspermum
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キンポウゲ科シロカネソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州:宮城県以西)
花言葉 栃木市:花野江の郷にて
解説
description
トウゴクサバノオはキンポウゲ科の多年草である。概して山地の幾分湿り気の多い地に自生の見られる野草である。草丈は20~20㎝程度に。全草が無毛で柔らかい。数枚の根生葉を持ち、茎葉は茎に対生する。葉は菱形から卵形で、縁には深く切れ込んだ鋸歯がある。花径は5~10㎜程度で、花弁の様に見えるのは、実際は萼片であり、その中に葯のように見えるのが本来の花弁と言うことになる。花弁は黄色。花は概して下または横向きに開花する。花後に出来る果実はT字形となり、この形状を魚のサバの尾にたとえたのが、和名の由来となっている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考