←トップ頁へ

和名 トウバナ  
漢字表記 塔花
別名・異名
古名
語源 和名は、花穂の形状が塔の九輪を思わせることから。/属名はギリシャ語のcline(=斜)とpodion(=小アシ)の合成語から。/種小名は「繊細な」の意。
学名 Clinopodium gracile
英名 Wild basil
仏名
独名 撮影者:京都府 藤井俊夫様
伊名 撮影地:京都府京田辺市
西名
葡名
漢名 剪刀草
植物分類 シソ科トウバナ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉 私を閉じ込めないで
解説 トウバナはシソ科の多年草である。我が国各地の山野や路傍に自生の見られる野草である。草丈は15~30㎝程度。茎は根際から群生する。葉は卵形で、鋸歯を持ち、有柄で、対生する。6~7月頃、茎頂に淡紅色の小花(唇形花)を輪生状につける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考