←トップ頁へ

検索名 トロパエオールム・マユス  
和名 ノウゼンハレン
↑撮影:GKZ/山梨県忍野村(植栽品)↓ 

撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様↓

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方



漢字表記 凌霄葉蓮
別名・異名 ナスタチウム※
キンレンカ(金蓮花)
トロパエオールム・マユス
古名
語源 和名は、花がノウゼンカズラ(凌霄花)に、葉はハスに似ていることから。
別名のキンレンカは、蓮の葉形の植物で、黄金色の花を見せることから。
属名は、葉が円形の盾に、花は戦士のヘルメットに似ていることから、ラテン語の戦勝記念のトロフィーに因んだ名となっている。
種小名は「より大きい」の意。
学名 Tropaeolum majus
英名 Nasturtium
Indian Cress
Bitter Indian
Canary Bird creeper
仏名 Grande capucine
独名 Kapuzinerkresse
伊名 Nasturzio
西名 capchina
葡名 Capuchinha
Agrião-do-mexico
Nastúrcio
漢名 旱金蓮
植物分類 ノウゼンハレン科ノウゼンハレン属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え(ハンギング)/香辛料
原産地 ぺルー/コロンビア/ブラジル
花言葉 愛国心/勝利/恋の火
解説 ノゼンハレンは、ノウゼンハレン科の一年草である。蔓性のために、地表を這う性質を持つ。開花期は6~10月で、花径4~7㎝の淡黄、濃黄、赤等の花を見せる。 
履歴 我が国へは、弘化年間(1845頃)に渡来している。 
県花・国花 北海道:釧路市花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考 ※アブラナ科にナスタチウムの名を持つ植物が存在するが本種と全く別の存在である。