←トップ頁へ

和名  トリコグロッティス・スミシイ  
漢字表記  
別名・異名  
古名  
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のtrichos(=毛)とglottis(=舌)の合成語から。/種小名はオランダの園芸家でもあり、20世紀初頭にインドネシアの植物を研究したJ.J.Smith氏への献名。
学名 Trichoglottis smithii
英名 Smith's Trichoglottis
仏名
独名
伊名   撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名

蜈蚣蘭

植物分類 ラン科ニュウメンラン属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 ボルネオ島、スマトラ島
花言葉  撮影者:東京都 中村利治様
解説 トリコグロッティス・スミシイはラン科の多年草である。自生地の項に記した地の標高1300以下の疎林に自生する樹木に着生するらんである。バルブを持たずに茎の途中から根を出して樹皮に張り付き上方へと伸びて行く性質を持つという。葉は革質で光沢のある披針形で先端は凹み、基部は茎を抱き、互生する。春と秋に葉腋に径2.5p程度の小花をつける。花弁・萼片には橙褐色の虎斑模様が入り、唇弁は鮮やかな紅紫色となる。唇弁の縁部は細毛状となっており、属名の所以ともなっている。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考