←トップ頁へ

和名 トリコグロッティス・キリフェラ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のtrichos(=毛)とglottis(=舌)の合成語から。/種小名は「巻きひげを持った」の意。
学名 Trichoglottis cirrhifera
英名 The wavy Trichoglottis
仏名
独名
伊名 
西名 撮影地:'15世界蘭展会場
葡名
漢名 
泰名  ‎เอื้องสายสุคนธ์‬ 
植物分類 ラン科ニュウメンラン属
園芸分類 多年性草本
用途  鉢植え
原産地 ヴェトナム・ラオス・タイ・マレーシア・ジャワ島
花言葉 撮影者:東京都 中村利治様
解説 トリコグロッティス・キリフェラはラン科の多年草である。自生地の項に記した地で、海に面した標高50~600mという比較的低地の疎林に自生する樹木に着生するランである。バルブを持たずに茎の途中から根を出して、まるで蔓性植物の巻きひげのように、樹皮に張り付き伸びて行く性質を持つという。葉は革質で光沢のある楕円形~狭楕円形で先端部は鋭頭となり、茎に互生する。原産地では、冬~春にかけて開花するという。花は、葉の付け根に対して反対側につき、短い花柄の先に径1㎝程度の花をつける。花序は、短花性であるが、概して1箇所から2個ずつ下垂する。花形は比較的整った左右対称となる。花は、花弁・萼片共に黄色地に褐色模様が入り、唇弁は、黄色味を帯びた乳白色となる。掲載した写真は'15世界蘭展に出品された'Yellow magic'名のついた本種からのハイブリッド種である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考