←トップ頁へ

検索名 トマト
和名 アカナス
漢字表記 赤茄子
別名・異名 トマト/バンカ(蕃茄)/サンゴジュナス(珊瑚樹茄子)/ツルナスビ(蔓茄子)/トウガキ(唐柿)
古名
語源 属名は、ギリシャ語のlycos(=オオカミ)とpersicon(=モモ)の合成語で「気味の悪いモモ」の意。/種小名は「食用の」の意。
学名 Lycopersicon esculentum MILL.
英名 Tomato
仏名 tomate 拙庭にて
独名 Tomate
伊名 pomadoro
西名 tomate
葡名 tomate
漢名 小金瓜
植物分類 ナス科トマト属
園芸分類 一年性草本
用途 食用(生食・加工食品)/観賞用
原産地 ペルー/エクアドルの高原地帯
花言葉 完成美、感謝
解説 熱帯では多年草だが、温帯地域では一年生植物となる。茎葉に粘毛があり、特有のトマト臭がある。果実は、多肉質の液果で、1㌘程度の小さなものから500㌘ほどの大きなものまでと多様である。果色は、朱紅、橙黄、黄及び白、桃色と多彩である。
履歴 西洋社会では、1554年にイタリアでの記録が最初である。我が国では、『大和本草』(1709年)に初めて記載が見られる。食用として利用されるのは明治以降。『舶来穀菜要覧』(明治19)にはアメリカより10品種導入の記録が見られる。
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』
・トマトが赤くなると医者が青くなる/・トマトある家に胃病なし
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
19 30 「茄子科」
23 58,59 「木質化」