←トップ頁へ

和名  トゥーリパ・シルヴェストリス・アウストラリス  

撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様

漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はペルシャ語のtulipan(=ターバン)を語源としている。/種小名は「森の中の、野生の」の意。/亜種名は「南方の」の意。
学名 Tulipa sylvestris subsp. australis
英名 Florentine tulip
Wild tulio
Woodland tulip
仏名 Tulipe des Aips
Tulipe du Midi
独名 Südalpine Tulpe
Südliche Tulpe
伊名 Tulipano selvatico di montagna
西名 Tulipán
葡名 Tulipa-brava
漢名
植物分類 ユリ科アマナ属
園芸分類 球根生草本
用途 花壇/鉢植え
原産地 フランス、スペイン、イタリア、スイス、チロル地方、北アフリカ
花言葉 撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方
 
解説 トゥーリパ・シルヴェストリス・アウストラリスは、ユリ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地で日当たりの良い岩礫質な土壌に自生の見られる野草である。地下に球根を持ち、2個の葉を根出する。草丈は、10~40㎝程度となる。葉は線形~狭剣形で、花茎よりも短く、概して外方に弧を描き湾曲する。4~6月頃、花茎を立ち上げ、径2~3㎝程度の花をつける。花茎は概して赤味を帯びている。花は黄花の漏斗形で、花被片6個となる。花被片の先端部は爪紅となるか、花被片中央部に赤色の条線模様が入ることが多い。花被片の外側は赤褐色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考