←トップ頁へ

和名 トゥーリパ・サクサーティリス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はペルシャ語のtulipan(=ターバン)を語源としている。/種小名は「岩の間に生える」の意。
学名 Tulipa saxatilis
英名 Spesies Canda tulip
仏名 Tulipe de Crèta
独名 Felsen-Tulpe 撮影者:東京都 中村利治様
伊名
西名 撮影地:筑波実験植物園
葡名
漢名
植物分類 ユリ科アマナ属
園芸分類 球根生草本
用途 花壇/鉢植え
原産地 クレタ島
花言葉
解説 トゥーリパ・サクサーティリス゚は、ユリ科の多年草である。本種は、クレタ島の標高900m程度後で、日当たりの良い草原に自生する。学名に示されるように岩の割れ目等に自生することが多いという。草丈は30㎝程度となる。葉は軟質な線形で根際から出て、途中で湾曲することが多い。葉には光沢がある。4~5月頃、花茎の先に長さ5㎝程度、6弁、漏斗形花を2~3個程度つける。花色は淡青紫色で、花底は黄色となる。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考