←トップ頁へ

和名jp トキワイカリソウ
撮影者:新潟県 塩野計司様↑

日光植物園にて/撮影:GKZ↑  
漢字表記 常磐碇草
別名・異名
other name
古名
old name
撮影地:新潟県悠久山
語源
etymology
和名は、常緑の葉を持つイカリソウの意。
属名は、ギリシャ語のepi(=上)とMedlia(=ギリシャの地名)の合成語から。
種小名は「常緑の」の意。
学名sn Epimedium sempervirens
英名en Bishop's hat
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 常緑淫羊藿
植物分類 メギ科イカリソウ属
園芸分類 多年性草本
用途use 野草/鉢植え
原産地
distribution
本州日本海側
花言葉 人生の出発、君を離さない
解説
description
トキワイカリソウはメギ科の多年草である。名前の通りイカリソウとしては珍しく葉が常緑である。草丈は20~60㎝程度。葉質は厚い膜質で光沢を見せる。4~5月頃に紅紫色もしくは白色の碇形の花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考