←トップ頁へ

和名 トカチフウロ
漢字表記 十勝風露
別名・異名
古名
語源 和名は、北海道十勝連峰で発見されたことから。/属名は、ギリシャ語のgeranos(=鶴)に由来している。長い嘴状の果実を鶴の嘴にたとえたものとか。/種小名は「軟毛のある花の」の意。/品種名は「淡泊色の、幾分青ざめた」の意。
学名 Geranium erianthum f.pallescens
英名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい
連絡先は、メニュー頁にあります。
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本(北海道)
花言葉
解説 トカチフウロはフウロウソウ科の多年草である。本種は、チシマフウロの1品種として分類される。チシマフウロとの相違点は、花色が薄くなる天である。概して高山の草地や岩礫地に自生が見られる野草である。草丈は30~50㎝。葉は掌状に深く裂する。葉の先端は尖る。6~8月頃、茎頂に径3㎝程度で淡紫紅色の5弁花をつける。萼片には蜜腺が密生する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考