←トップ頁へ

和名 トカドヘチマ
漢字表記 十角糸瓜
別名・異名 ブアップ・リアム(タイ語名)
古名
語源 和名は、果実に10本の稜をもつことから。/属名は、ヘチマのアラビア名(Lufah)から。/種小名は「角を持った」の意。
学名 Luffa acutangula
英名 Anglede loofah,
Chinese okra,
Ribbede gourd
仏名 撮影地:タイ・カンチャナブリー県
独名                        
伊名
西名
葡名
漢名 広東絲瓜、勝瓜
泰名  บวบเหลี่ยม 
植物分類 ウリ科ヘチマ属
園芸分類 蔓性一年生草本
用途 食用(幼果・若芽・花)/食器洗浄用品(果実の繊維)/帽子製作用素材(繊維)
原産地 熱帯アジア
花言葉
解説 トカドヘチマはウリ科の一年草である。蔓性植物であり、蔓長は3m程度となる。葉は掌形であるが、縁部の切れ込みは浅い。6~9月頃、黄色い5弁花を付ける。雌雄異花。花は夕刻に開花し、翌朝には萎んでしまう。果実は長さ10~40㎝程度、径8~10㎝程度で、表面に10本の稜を持ち、断面は10角になる。
履歴 我が国へは、昭和初期に導入されたが、気候上の問題から不向きとされている。我が国では沖縄県で栽培が成されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考